スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.13 (Thu)

無題5

忙しくてRo全然は入れてない海月ですこんばんは
まぁ今日の更新は小説載せますっ
せっかく書いたし過去に4つ公開してるしね!

例の如く文章力お察し

あ、ちなみに今回の小説は時期が違いますはい
夏に載せる予定だったんですけどね!

そんなわけで小説のせまー


【More・・・】

「暑い…暑い暑い暑い暑いーーーーーー!!」

だぁぁぁぁ!!暑い暑いと連呼するな!
こっちまで暑くなる!

「だってよーナレーション。夏なんだぜ?暑いんだぜ?プリーストの制服は長袖なんだぜ?」

…それが?

「夏服がきたい!このくそ暑い服きてられるか!」

いやくそ暑い服って…一応聖職者の服なんだけど…?

「よし決めた。僕は聖職者やめる!こんなくそ暑い服毎日着てられっか!
一番涼しそうな格好…ダンサーに転職してやる!」

いやまて、落ち着け!
ダンサーは女性しかなれない職業であってお前は男!

「知らないのか?今の時代は、気合で性別を変えられちゃうんだぜ☆」

気合で変えれるかぼけぇぇぇぇ!
正気に戻れ海月!
海月海月海月くらげーーーーーーーーー!!

ってあれ?
海月の反応がなくなった…?


「zzzzzz」

ねてるんかい!
さっきまで暴れてたのはなんだったんだよ!?

そんな路上で寝ている一人のプリーストと叫びまくっているナレーションとの出来事でした。

おわり
スポンサーサイト
22:42  |  小説  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。